このページの先頭です

一番保湿力が高い成分は何? 保湿成分一覧とおすすめの保湿化粧品

501views

投稿日:

シワ・たるみを始めとする肌の老化には、冬に限らず夏でも乾燥対策は絶対!というのはご存知かと思います。

でも、いざ乾燥対策に「保湿化粧品」を探そうとすると、

ヒアルロン酸入り
コラーゲン入り
セラミド入り・・・

などなど、キリがないくらいに様々な保湿成分配合の化粧品があります。

今回は、それぞれの保湿成分の効果と、おすすめの人気商品を紹介します。【目元の小じわ訴求】アヤナストライアルセット

簡単に保湿と肌の衰えの関係と原因を説明

肌の衰え(シワ・たるみ・しみ・くすみ・コケなど)は単に加齢だけが原因ではありません。

原因① 加齢によるもの
原因② 肌の乾燥によるもの
原因③ 紫外線のダメージによるもの

 

実は原因①も、加齢によって水分を保持する肌本来の力が失われて乾燥肌に傾く結果に。

また、原因③も紫外線ダメージによっても肌内部の水分保持の成分やサイクルが乱れることによっても、乾燥肌へ進んでしまいます

保湿できていない、と言うことは弾力に大きく関わる肌内部がボロボロになっているということなのです。

そこにシワ対策だけ、シミ対策だけを重視しても土台がガタガタな中では意味がありません。

おすすめの一般的な保湿成分一覧

ここでは、よく化粧品の成分に見られる代表的な保湿成分を紹介していきます。

・コラーゲン
真皮の70%を占める
細胞同士をつなぐ働き(つまり、皮膚をたるませない働き)

ポイント
→分子が大きいので肌に塗っても角質層に留まるが、角質層で保湿力を高めてくれる
低分子のコラーゲン配合のものを選ぶのも良い方法
→コラーゲン自体だけでなく、コラーゲンを生み出すサポートをしてくれる成分を摂取するのが鍵

 

・ヒアルロン酸
表皮と真皮に存在
水分を保持する

ポイント
→分子が大きいので肌に塗っても角質層に留まるが、角質層で保湿力を高めてくれる
→浸透しやすい低分子ヒアルロン酸、無水ヒアルロン酸配合のものを選ぶのも良い方法

 

・セラミド
角層細胞間脂質の半分を占める重要な成分
水分を取り込み抱える
外部刺激から肌を守る

ポイント
肌の内部から水分を逃さないためには必須な成分

・グリセリン
アルコールの一種
吸湿率が高い
血流を良くする働きもある

・尿素
天然保湿因子(NMF)の一種
水分を保持する働き
「たんぱく質を分解する働き」(角質を柔らかくする)

注意点
→角質が剥がれやすくなり、ターンオーバーが乱れる可能性あり

 

・エラスチン
真皮に存在。
線維状になってコラーゲンを結びつける働き。
(保湿性もあるが肌の弾力を保つ働きが主)

・ヘパリン類似物質
乾燥肌治療成分として皮膚科などで長年使われてきた成分。
保湿・血行促進・抗炎症作用の3つの働きがある

ポイント
→化粧品というより、乾燥肌や敏感肌の肌荒れを治すという目的の使用推奨

 

 

最も保湿力が高い成分 セラミド 

様々な保湿成分を簡単に紹介しましたが、上記の中で一番保湿力が高いのは「セラミド」です。

セラミドと言えば、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の症状改善に有効とされていて、敏感肌向け化粧品にも含まれていることが多い成分です。

参考サイト:セラミドケアとは 花王

 

エイジングケア向け化粧品では、ハリや美白をイメージしやすい「コラーゲン」や「アルブチン」などを推しているものが多いですが、エイジングケアには「保湿」が大前提という事をしっかり分かっている会社の大部分は、セラミドを配合させています。

 

但し、セラミドにも種類があります。

・ヒト型セラミド
別名バイオセラミド
人の肌にあるセラミドに似せて酵母から作られたセラミド
浸透力も安全性も高い
例:セラミド2、セラミド3など

 

・合成セラミド
石油原料から作られたもの
例:セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど

 

・植物性セラミド
米ぬか油などから抽出された植物由来のセラミド
例:コメヌカスフィンゴ糖物質

 

・天然セラミド
動物由来のセラミド
価格は高め
例:ビオセラミド

この中でも良く用いられ、おすすめなのがヒト型セラミドです。
メーカーによっては、より浸透しやすくするためにナノ化しているところもあるので、そうした技術にも注目してみると良いですよ。

セラミド入りのおすすめの化粧品(化粧水・美容液)

化粧水 アヤナスローション コンセントレート

敏感肌・乾燥肌向けのブランド「DECENCIA ディセンシア」の化粧水です。

セラミド入り化粧水アヤナスローション コンセントレート

より浸透しやすい「ヒト型ナノセラミド」配合で、肌への実感が良く分かる優秀なローションとしてコスメランキングでも高い評価を得ています。

他にも肌への悪影響から来る肌内部の微弱炎症に対応した成分など、他には見られない有効な成分も配合されています

ポーラ・オルビスグループなので、低刺激性やエイジングケアに関しても手抜き無しで、保湿もエイジングケアもしたい欲求を満たしてくれます

 

WEBだと化粧水・美容液・クリームが入ったトライアルセットが初回1480円でお試しできます。
こちらで使い心地を試してみるのも良いですね。

 

美容液 アスタリフト ジェリーアクアリスタ

こちらは先行美容液なので、化粧水前につけるスキンケア用品です。

ヒト型ナノセラミド(セラミド3、セラミド6II)とヒト型ナノアシルセラミド(セラミド1)をダブルで配合していて、潤いを惜しみなく与えてくれます。

先行美容液なので、角層すみずみに潤いを効率的に届けられるので翌日から、みずみずしい肌・弾力を感じられます。

抗酸化力のアスタキサンチン・リコピンによって、肌本来のなめらかなハリのある質感に導いてくれるのも高評価ですね。

 

こちらも、ジェリーアクアリスタが入ったアスタリフトトライアルセットからお試ししてみるのをおすすめします。

セラミド入りおすすめ美容液アスタリフトのジェリーアクアリスタ

 

最後に ※プチプラなセラミド化粧品の購入はあまりおすすめしません

ドラッグストアなどでも500円台から、安いセラミド配合のコスメが売られています。

ですが、先にも書いたようにセラミドにも効果が低い種類もあり、また、効果の高いセラミドは概して価値が高いものです。

値段が高い=効果も高い
ではありませんが、ある程度値段がするもの(化粧水であれば4000円位~)でないとあまり保湿効果は期待できないと頭に入れて、化粧品を探してみてくださいね。

関連記事:アスタリフトのトライアルキットのお試しレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です