このページの先頭です

首のしわ取りがしたい!効果のある成分・対策は?

231views

投稿日:

目元の皮膚がとても薄く、シワになりやすいという事は今までも紹介してきましたが、実は目元と同じくらい皮膚が薄い部分があるんです。

 

それは、首!

 

顔をどんなにメイクしても、年輪のような首のしわで歳が一気に老けて見えてしまいます。

首は歳を隠せない。
むしろ、首のしわが深いと見た目年齢が実際の年齢以上に見えてしまう事もあります。

 

そんな首にはどんなエイジングケアをしていけば良いのか、調べてみました。

 

首のシワが気になる女性

 

首のしわができる原因

首の動きと姿勢の悪さ

首は日常生活で、頷いたり、ねじったりとよく動かす部位です。
その為、しわができやすいと言われています。

 

日常動作は仕方のないものですが、スマホや姿勢の悪さでずっと下を向くことは避けるようにしてください。

 

姿勢の悪さ

首や肩の凝り

血流・リンパの流れが滞る

肌の代謝の悪化

シワが出来やすい

という悪循環も起こしてしまいます。

 

また、高すぎる枕もシワを増やす原因となります。

 

加齢による女性ホルモンの減少

35歳はお肌の曲がり角と言われるのは、女性ホルモンの素・エストロゲンの分泌量が減少するためです。

エストロゲンの減少は、肌の弾力や保水力に大きく関係してくるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を衰えさせます

ハリ・潤いを失った肌は、首のシワだけでなく、顔のたるみにも影響が出てきます。

顔のたるみは、首のしわをより深くさせてしまう悪循環にもなってしまいます。

シワのない女性

 

紫外線による角質層の乱れ

顔のUV対策はしていても、首の日焼け止めは忘れがちになっていませんか?

首は皮膚が薄い分、紫外線のダメージをすぐに受けやすいので要注意です。

紫外線は角質層のコラーゲン・エラスチンなどのバランスを乱し、肌の弾力低下につながります。

 

歳をとって女性ホルモンが減ったから仕方がない、と諦め半分の方、紫外線対策も怠るともっとシワの出来るスピードが速くなってしまいますよ

 

首のシワ対策① 首のスキンケアをしっかりと

特に注意したいのは加齢・紫外線の影響が一番出る乾燥です。
乾燥によってシワが引き起こされます

顔の保湿だけでなく、首もしっかりシワケアをしていきましょう。

首のシワに効果的な成分 保湿力と弾力UPの成分に注目

直接コラーゲンやヒアルロン酸を取り入れるのも良いのですが、シワに効果があるまで浸透させる技術を持った基礎化粧品は少ないです。

また、コラーゲンそのものを補うことを重要視するより、コラーゲンを作る力をより高めていくことが、今後の美肌育成にも一番です。

 

これから紹介する成分は、

●コラーゲン繊維の生みの親の繊維芽細胞にアプローチ

コラーゲン繊維が増える

弾力・ハリが出てシワに効果

というものと

●肌の水分保持機能をあげて、コラーゲンを安定させる

というものです。

 

・ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定させて体に吸収されやすくしたビタミンCのこと。コラーゲン生成の促進には必要不可欠です。
「誘導体」「浸透型」という文字が付いているものが◎

 

・ナイアシン

別名ビタミンB3。コラーゲンの生成を促進させる働きがあります。
ビタミンB郡自体が肌の代謝を良くしてくれるので、化粧品の成分としてだけでなく、食事でも取り入れることをおすすめします。

 

・セラミド

肌の角質層にある細胞間脂質の成分の一つ。肌の潤いを保ち、外部刺激から肌を守る役割をします。

 

これらの成分の入った保湿クリームの使用をおすすめします。

基礎化粧品がある部屋

 

 

首のシワ対策② 首のシワ取りマッサージでリンパの流れの良くする

首のしわを伸ばす。と言う目的だけでなく、

首のリンパ・血流の流れを良くする。
首のコリをとって正しい姿勢になりやすいようにする

ということからもマッサージはおすすめです。

 

首にクリームを塗る時に軽く滑らせるようにするだけで構いません。

 

マッサージの方法

1.両手で鎖骨のくぼみを優しく押す

2.軽く上を向き、4本指で鎖骨あたりから上に向かってマッサージ

3.首の中央から左右それぞれ横方向に滑らせる
(左右逆の手で行うとやりやすいです)

首のシワ取りマッサージをしている女性

 

首のシワ対策③ 日焼け止めなどの紫外線対策

顔に日焼け止めを塗ったついでに、首も紫外線対策をして下さい。

もし、いちいち塗るのが面倒だなという方はUVカット機能つきのネックカバーなどを利用してみるのも良いですよ。

因みに日焼け止めは、

日常的な生活で使うものであればSPF20~35、PA++~+++

海などのレジャーで使うのであればSPF40~50、PA++++位の数値を参考にしてみてください。

首の日焼けを気にする女性

 

目元と同じくらいの敏感な首。

アイケアをするような気持ちで、ケアしていく事が大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です