このページの先頭です

ポーラ ホワイトショット RXS 美白ジェルクリームの成分と販売店・口コミを知りたい!

369views

投稿日:

ポーラの美白ケア化粧品ホワイトショット RXS

polaで大人気の美白ブランド「ホワイトショット」から新しいスキンケアが発売されます。

「ホワイトショット RXS(クリーム)」
「ホワイトショット LX(ローション)」
「ホワイトショット MX(ミルク)」

の3つです。

どれもみずみずしく、夏だと伸びの良いテクスチャーの方が好み、という方には朗報ですね。

今回は、その中のホワイトショットRXSについての情報・口コミなどをまとめてみました。

ホワイトショット RXSの価格・販売店など

ポーラの美白ケア化粧品ホワイトショット RXSの価格販売店

 

発売日 2019年5月1日
内容量 50g
価格 12,960円(税込)
(リフィル 12,420円)

販売店
ポーラ直営店舗、公式サイト

 

ホワイトショット RXSの成分

●トラネキサム酸RXS(トラネキサム酸・エンメイソウエキス・サンザシエキス)
透明感のある輝きある肌にアプローチ

●エクストラCSリキッド
つややかな肌をサポート

●m-Aクリアエキス、マジョラムエキス、クジンエキスクリア
透き通るような肌をサポート

●YACエキス、EGクリア
角層の糖化に着目

●有効成分グリチルリチン酸2K
肌アレを防ぐ

 

テクスチャーが夏向け

ジェルクリームで、今までのホワイトショットにあった物よりも夏のべたつく肌に不快感のない感触になっています。

強い日差しのダメージや火照った肌を、透明感のあるなめらかな肌に整えます。

 

手に取った瞬間は、ひんやりとしたジェル。

肌に伸ばしている時は、ジェルから美容成分が溢れ出てくるようなみずみずしさ。

塗り終わりは、べたつきもなくなめらかさが残ります。

 

また、角層の隅々まで潤いを届け、長時間の保湿を叶えた「RXSシールドデリバリー処方」も夏のダメージ肌をしっかりケアしてくれます。

 

使い方・順番は?

化粧水→他ホワイトショット製品→乳液→ホワイトショットRXS

と、スキンケアの一番最後に使用します。

量は

・朝:パール粒大1つ
・夜:大き目パール粒大1つ

顔の5点に載せてから、内から外に向かって伸ばしていきます。

 

ホワイトショット RXSは日焼けにどんな効果があるの?

ポーラの美白ケア化粧品ホワイトショット RXSの口コミ

皆さんも感じたことがあるはずの

「一生懸命UVケアをしてるのになぜか夏にヒヤケしちゃうんだよね」

という悩み。

実は、単に紫外線(UVA、UVB)だけがヒヤケ→シミ・くすみを引き起こす原因ではなく、

「暑さ」も原因の一つであることをポーラが発見したのです。

これをポーラは「暑さヤケ」と命名しました。

 

紫外線量が同じ、気温が違うとシミ・くすみ悩みが増える

「紫外線量は同じで、11月と6月の2パターンでは肌の状態はどう変わるのか」

という実験をポーラがした結果、明らかに6月(初夏)の方がヤケ安いことが分かりました。

併せて、気温が上がるとメラニンの生成量が増えてしまうことも発見しています。

夏の暑さは通常の「日焼けしたらメラニンを適度に作って排出する」というサイクルを乱してしまい、大量発生し続けるような働きをさせてしまいます。

 

また、暑さヤケの他にも「皮脂ヤケ」にも着目。

これは皮膚の表面の皮脂についてではなく、肌細胞内の脂質についてです。

春から秋にかけて増える「遊離脂肪酸」。

この脂肪酸が炎症を起こし、メラノサイトを刺激、メラノサイトが過剰に活動することでシミくすみを引き起こすのです。

 

ホワイトショットRXSのサンプル(試供品)を試してみました

5月発売のRXSのサンプルを頂いたので、一足早く使ってみました。

1回分なので、効果・肌の白さなどは分かりかねますが、使用感など参考にしていただけたら幸いです。

テクスチャーはプルンとしたゲルにも近いようなみずみずしいクリームです。

夏の火照りやすい肌にも優しく塗ることが出来そうですね。

「ひんやりとした」という説明通り、肌に馴染ませていくとサラリと心地よい感触が分かりました。

スーッとするとか不自然な清涼感ではなく、水分の多さで熱を逃してくれてる感じです。

肌なじみも良く、塗り込まなくても肌の奥まで染み渡るような感覚。

保湿専用化粧品ではないですが、夜のスキンケアをさっぱり目化粧水・美容液+RXSで完了させても翌朝までしっかり潤いありの肌だったので、保湿力の面でも「シールドデリバリー処方」を実感できました。

試してみて肌なじみや保湿は申し分なく、トラネキサム酸など美白成分が含まれている事を考えると、肌にしっかりアプローチしてくれるんだろうと予想できましたね。

 

twitterの口コミ・評判

 

1番効果のあるホワイトショットシリーズはどれ?と店員さんに聞いてみた

ホワイトショットシリーズも7種類にもなり、全部を揃えるのはお値段的に厳しいものがあります。

正直一番効果が出るおすすめのアイテムはどれなのか、担当者さんに聞いてみたところ、

「それはお客様の目的によります。

既にあるシミをケアしたいのであればCXS、SXSが適しています。

今はそんなに気にはならないけれど、美白ケアとしてこれからのシミ予防には、新発売のLX、MXが良いですね。

あと勿論暑さヤケには、RXSがおすすめです。

夏の猛暑は単なる辛いという体感的なものでなく、近年は本当に異常ですから、何かしらの対策はした方が今後の肌にはいいと思いますよ。」

「また、LX・MXに関しては他社さんの美白ケア品と違って保湿力にも優れているので日々の美白スキンケアとして自信を持ってお勧めできます」

との回答を頂きました。

つまり

・CXS・SXS→出来てしまったシミケア、集中ケア
・LX・MX→隠れシミやシミになりにくい肌作り、日々のスキンケア
・RXS→猛暑のダメージケア

という事。

どれが一番効き目があるという訳でなく、それぞれの目的に対して合ったものを使えば透明感肌にアプローチできます。

ポーラのホワイティシモ日焼け止めもおすすめ

私自身、紫外線ケア・日焼け防止=美白のため。というスタンスより、

紫外線や暑さによる肌のダメージを蓄積させない=肌の老化を食い止める

の意味合いの方が大きいですね。

なので、低刺激の日焼け止めの重ね塗りやファンデーションなどの方を徹底しています。

POLAホワイティシモ UVブロックミルキーフルイド はお湯でも落とせる優秀UVケア製品で人気です)

ですが、今回の「暑さヤケ」までは着目してきたのは本当に目から鱗。

ポーラはいつも現代の悩みをしっかり捉えてるなぁとつくづく思います。

・肌の糖化→ディセンシア ayanasuアヤナス

アヤナストライアルセット

・肌ストレス→pola red BA

【POLA】B.A RED

・異常な暑さ→ホワイトショットRXS

ホワイトショット

など。

 

2019年の夏も異常気象になるのかまだ予測は不十分ですが、美白ケアは「シミが出来てしまった後、焼けてしまった後」より「事前にしっかり美白ケアで予防」するのが一番効果的です。

今年はホワイトショットであらかじめのケアをしてみてはいかがですか?

 

こちらも読まれています≫POLA Red BA リニューアル品の口コミ 違いはどこ?

 

参考資料:ポーラ プレスリリース(PDF)

参考サイト:平均気温 – 気象庁|過去の気象データ検索

 

公式サイト≫ポーラ ホワイトショット

ホワイトショットCX_LP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です